のんびり居心地よい金山南エリアの商店街

ご案内

商店街地図

かなきち散歩

店舗一覧

金山の由来

金山の由来

秋になると鮮やかに色づく大きなイチョウ。その下にどっしりと構えている『金山神社』。
金山の由来は、この金山神社に祀られている『金山彦命(カナヤマヒコノミコト)』と呼ばれる
鉱山の神様からきている。
神名の通り、金山(鉱山)を司る神で、日本神話の女神『伊邪那美(イザナミ)』が
火の神カグツチを産む際に化生した。
また荒金を彩る神とされ、鉱業、鍛冶など金属に関する技工を守護する神とされている。
『金山彦命』が祀られている神社は、金山地区以外の様々な場所にも存在している。







トップへ戻る